若い頃は正直結婚したいと思っていなかった

結婚相談所若い頃は正直結婚したいという気持ちがほとんどわいてきませんでした。

職場の同僚が結婚して、自宅に招かれたりしても、「楽しそうに暮らしていて良かったなあ」とは思うものの、「では自分も」という気持ちにはなれませんでした。

それが、40代に入ってから、心境変化か、単に年をとっただけなのかはわかりませんが、とにかく結婚したくなりました。

とは言ってみたものの、まったく相手にあてがありません。

親族に世話好きの叔母達は何人かいますが、若い時にさんざん持ってくる話を断り続けていたので、愛想をつかされてしまって、今さら頼むこともできません。

しかし、自分の性格を考えると、今から自分で頑張って見つけられるとも思えませんでした。

ですので、ここは素直に結婚相談所に登録して、紹介してもらうという形をとることにしました。

今は、ネットで手軽に婚活もできる時代だということはもちろん知っていますが、なんとなく古いタイプの人間なので、ネットを通じて出会うということにかなり抵抗がありました。

いろいろ調べてみると、最近は、結婚相談所の中でも、ネットで会員のプロフィールが閲覧できたりするサービスをしているところもありました。

それはそれで便利ですが、やはり昔ながらの結婚相談所が安心できそうだったので、そのような所を中心に探していきました。

私は大阪に住んでいますが、かなりの数の相談所があるのにびっくりしました。

今はネットで口コミを読むことができるので、決めるときにはとても助かりました。

結局、隣の市にある昔からの所に登録しました。

お金は予想していたよりも安かった感じでした。

幸い、カウンセラーの女性が面倒見の良い方で、3回目の紹介で、無事結婚までたどりつくことができました。

40代に入っての初婚だったため、正直自信もありませんでしたし、不安でしたが、なにくれとなく、言葉をかけてもらい、おかげで婚活を続けることができました。

良い相談所にめぐり合えて本当によかったです。